2008年 09月 28日
山吹の棚田
大東町に荏胡麻の葉や穂をいただきに参りました。
農薬や化学肥料を使用せずに栽培されているので、これを商品開発の参考にするためです。
朝から天気雨でしたが収穫時は天候に恵まれ爽やかに済ませることができました。b0147354_0343292.jpg
b0147354_034503.jpg

荏胡麻の件をはじめ、いつもお世話になっている方に収穫の足のついでに改めて大東町を案内していただきました。
ここは日本の棚田100選の北限の棚田『山吹の棚田』です。
黄金色の穂を風が揺らしており、とても心地のよい場所です。
b0147354_0364152.jpgb0147354_0441831.jpg

この地は戦国時代、陸奥国葛西氏(宮城県石巻市)の領地でありました。
そして、家臣の千葉氏が治める山吹城があったそうです。
後に伊達領となり千葉氏は没落するもこの地は戦乱を免れ、かつて戦乱を経験していない土地として今に繋がっているそうです。
昔から決して豊かではないけれど、とても穏やかな土地柄なそうです。

b0147354_0454546.jpgそれはここに立てばすぐに分かります。
上の林から天水が次々と棚田に注ぎ入ります。
道祖神がいくつも祀られております。
穏やかな風がとてもやさしく時間という感覚を忘れさせてくれました。
あぁ、ここには神がいるのだと感じさせられます。
日本人が代々守ってきた里山の風景がここにありました。

そしてここには郷土、その自然、歴史を愛し、仕事を愛する熱い人もいます。
郷を大切に思う気持ち、仕事への情熱、いつも僕が見本にする人です。

b0147354_049109.jpgヤマブドウです。
b0147354_0501920.jpg今日、この日のこの場所のソラを撮ってみました。
b0147354_0515566.jpgイチョウの木がある丘が山吹城址です。
[PR]

by asanumashoyu | 2008-09-28 01:23


<< いわて特産品コンクール      町のお醤油屋さん >>