2008年 09月 03日
インターナショナルギフトショー2008
b0147354_10452733.jpg

東京ビックサイトで開かれているインターナショナルギフトショーに行ってきました。
ギフトは思いやり、品格、トレンドが伝わる心と心のコミュニケーションというテーマでした。食品産業の展示会は国内外に何度か勉強に行きましたが、今回紹介を受けたので、異業種から学ぶのも面白そうだということで見に行くことにしました。
贈られてうれしいものを作りたいという気持ちは多くのモノつくりに共通すると思います。
参加してみて、実に多くの業種が競って出展しておりました。エコロジー商品、癒し、日本ブランドなどテーマ別のブースも時代を反映していると思います。講習会や展示物を通して、商品のディスプレイや心地よい配色などはアパレル業界が先端を走っているなどということも実感しました。食品の場合「安全、安心、美味しさ」を前提としておりますが、その先の「お客様に喜んでもらうため」は、どの業界でも不断の努力をしていると頭が下がる思いでした。
日本ブランドのブースでは同じ盛岡出身の会社様のモノつくりに関する情熱的なお話も伺うことができました。とても刺激になり実りのある経験ができました。
[PR]

by asanumashoyu | 2008-09-03 23:40


<< 土も付加価値?      大豆畑 >>