<   2008年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2008年 07月 22日
大東町にて焙煎風景
b0147354_1222261.jpg本日、久しぶりに大東町を訪ねてみました。
油を搾っている工場に寄ってみると、この日は菜種を焙煎しておりました。
大東町では香ばしさを出すために石釜で菜種や荏胡麻を焙煎しております。
石釜は職人さんがレンガを積んで手作りしたもので風情があります。
燃料もエコに間伐材や端材を引き取ってきて使用しているそうです。
夏は釜が温まり易く、燃料は少なくて済むそうですが、暑くてとても大変。
これも風味がよく美味しい油を作るため。
頑張って下さいね。





b0147354_1225348.jpgb0147354_12245558.jpg
[PR]

by asanumashoyu | 2008-07-22 20:21 | 生産者
2008年 07月 17日
醤油の試験醸造
自分達にできる本当に美味しい醤油を仕込むためにいろいろなテスト醸造を行います。
今回は協力してくださる農家の方より、地元で育つ品種の白目、青豆、黒豆を数品種ずつ
粒の大きさ違いなども分けて頂きました。
4日間予定を空けて、何種類もの麹を同じ条件で作り、同じ分量の水、同じ分量の塩で仕込みを行っていくのです。
以前にもテストをしているのですが、確認を兼ねて今回は14日の月曜日から17日の木曜日にかけて工業技術センターにお世話になり、様々な種類の豆を仕込んでみました。
b0147354_1794465.jpg
豆の種類によって麹の出来具合は変わってきます。
豆としては青豆が一番豆っぽい風味が濃く美味しい気がします。
醤油にした場合はそれぞれどうなるのでしょうか。
その結果が出るのは半年以上先、今からとても楽しみです。

もうすぐ、世界中から取り寄せした塩で仕込んだお醤油たちが出来上がります。
アメリカ、メキシコ、ドイツアルプスの岩塩、パキスタンヒマラヤの岩塩、モンゴルの塩、
イタリア地中海の塩、伊豆大島、沖縄、福島、赤穂の塩、伯方の塩など十数種類、
並塩と比べてどうなのでしょう?
早くヒマラヤの塩の醤油で刺身を食べたいですねぇ。

こんな感じで色々な醤油を仕込んだものが何十?何百?種類も、宝の山として眠っております。
こうして、少し先の未来の楽しみを増やしながら仕事をしていきます。
[PR]

by asanumashoyu | 2008-07-17 15:20 | お仕事