カテゴリ:生産者( 7 )

2010年 06月 02日
センムがゆく 木の芽味噌編
本日は快晴!
お店で販売している「山から摘んだ木の芽みそ」に使う山椒の若芽を摘んでいただいている方にお願いして、一緒に山に入らせていただく約束をしておりました。
向かうは岩手県雫石町の小岩井。食楽日和のお店や工場から車で20分程です。
小岩井で山椒が採れるのは5月の連休明けぐらいから。北国で標高が高いのもあり、少し遅い春の訪れです。今年は例年よりさらに遅めの春となりました。
b0147354_10453271.jpg

牧場が見えてきました。
b0147354_10483529.jpg

岩手産にはまだ雪が残っています。
b0147354_10485395.jpg
b0147354_1049792.jpg

見渡すような遥かなる牧草地帯。
驚くことなかれ!牧場や牧草地は10%しかなく、
残り90%に広大な山林が広がっているのだそうです。
本日の案内人は奥村さん。3000ヘクタールもの広大な山林を知り尽くしたベテランです。
目指すは敷地内でも「長者舘」と呼ばれる地区(景気の良い名前ですね。)
b0147354_105926.jpg

アカマツ、カラマツ、スギ林を抜けて奥に進みます。
b0147354_1105260.jpg

b0147354_1111019.jpg

早速、山椒の木を発見!
b0147354_1112475.jpg

摘んでいるのは袖林カズさん。こちらも大ベテランです。
b0147354_1113638.jpg

僕も山椒の木を発見しました。
b0147354_1142258.jpg

ほらきれいでしょ!
b0147354_1143713.jpg

ヤブをかき分けながら手摘みを開始~。
芽吹き始めたばかりの柔らかい若芽だけを手で一枚ずつ丁寧に摘んでいきます。
奥村さんの話では、「山林経営の視点から見ると、山椒や桑の木などは雑木だが、雑木の恵みもある。」とのこと。
私たちはまさしく岩手の雑木の恵みの商品化に取り組んでいるところです。

こちらはクロモジ。
b0147354_11184957.jpg

ものすごく香りがよくお茶の楊枝などに使われるそうです。
奥村さんが折ってくれました。
b0147354_11193713.jpg

すごい癒しの香り・・・。

ほかにもいろいろ・・・
木の実。小岩井農場まきば園の駐車場に併設された「どんぐりコロコロ」ではこうした木の芽のブローチや工芸品の販売や体験ができます。
b0147354_11204917.jpg

こちらはウサギのフン・・・
b0147354_11242013.jpg


これは何でしょう?
b0147354_1125497.jpg

雪解け水の清流に自生した天然のクレソン畑です。
摘みたては最高の味でした。

こちらはスギタケというキノコなそうです。
奥村さんは早速収穫しました。
b0147354_11262273.jpg

売店に並べた瞬間に僕が購入させていただきました・・・皆さんゴメンナサイ。
ある時期に、あるだけしか販売しませんが、ここでは天然の恵みを販売しています。

こうして、一日中摘んで山から戻ってくると、ズボンはボロボロに・・・。
大袋一杯に摘んでもたったの3kgでした。
山椒味噌(木の芽味噌)の原料はこういった苦労を経て得た貴重な雑木の恵みです。
とってもありがたいです。
山の恵みに感謝!

食楽日和のお店ではこの山椒を使った「木の芽味噌」、「木の芽柚子胡椒」を販売しています。
木の芽味噌は売り切れ御免の産直価格。
手作業なのに一瓶たったの420円というありえない程良心的な価格です。
いろんなお料理に使えますので、是非試してみてください。


おまけ、帰りに車窓から撮った一本桜。
b0147354_11383951.jpg




********************************
エゴマ醤油・ドレッシング、北国の果実酢・ジュレなど各種調味料なら
岩手盛岡より人に役立つ醸造調味料をお届けする『食楽日和』浅沼醤油店
********************************
[PR]

by asanumashoyu | 2010-06-02 21:48 | 生産者
2010年 02月 23日
素敵な地方の暮し
昨晩、黒川工場のご近所にある野崎商工さんに有志で集まりました。
野崎さんは暖炉やサウナ、ボイラーなどを扱う会社です。
b0147354_8551391.jpg

そしてこの暖炉!遠赤外線でとても暖かい。


そしてさらにこの暖炉を使って、
田鎖農園さんで飼っている(飼っていたかな)羊のモモちゃんの子供がこうなりました↓
b0147354_859787.jpg

ちなみに奥に見えているのが弊社の新商品。4月から発売予定の『エゴマスタード』です。
じゅわっと肉汁が飛び出して最高!エゴマスタードのプチプチした食感との相性も最高です。


b0147354_912480.jpg

田鎖さんの無農薬栽培のクレソンを添えて・・・


さらに次は・・・
中華最高食材 三陸町の吉浜(キッピン)あわびが暖炉で、
b0147354_973450.jpg

もちもちっとした食感、本当におもちのようです。
暖炉の上の余熱で燗をしたお酒でキュッと。

そろそろピザも焼けてきます。
みんなで持ち寄った自慢の食材を肴に、
メンバーも満足、この空間が贅沢です。
b0147354_991335.jpg




野崎さん今度はおせんべいに挑戦、
b0147354_9132419.jpg

b0147354_9175620.jpg

b0147354_9182314.jpg

焼きたてのエビの香ばしさがたまりません。

銀杏も焼いて貰いました。
b0147354_9222815.jpg

お酒が進む進む。
会話も弾む弾む。
笑顔もはじける。
夢のようなひと時でした。


それにしてもこの暖炉、素敵ですね。
やさしい温もりに包まれながら、眺めているだけで癒されてきます。
b0147354_91219.jpg

岩手の冬にみんなで暖を囲むなんて最高の贅沢です。




********************************
エゴマ醤油・ドレッシング、北国の果実酢・ジュレなど各種調味料なら
岩手盛岡より人に役立つ醸造調味料をお届けする『食楽日和』浅沼醤油店
********************************
[PR]

by asanumashoyu | 2010-02-23 06:30 | 生産者
2009年 12月 07日
盛岡 田鎖農園さんの『うかる合格米』
本日発売!
美味しい大豆やお米を栽培していただいている盛岡の田鎖農園さんが受験生向けに合格祈願米『うかる合格米』を発売しました。
b0147354_15391160.jpg

田鎖さんの農園では、今年も化学肥料を使わずに丁寧にお米を作ったところ、とても美味しいお米ができたそうです。
参考までに食味値(美味しさを数値化した目安みたいなもの)を分析してもらったところ、89点というブランド米顔負けの高得点がでたそうです。
『高得点を受験生にもおすそ分けしたい』そんな田鎖さんの優しさから商品化を決意されたそうです。
盛岡の桜山神社より神主さんをお招きして、受験生の健康と健闘を祈願してもらいました。
田鎖さんらしい優しい企画に打たれて、僕も一緒に祈願させて頂きました。

祈祷の準備が揃いました。
b0147354_1549352.jpg


田鎖さんと神主さんが打ち合わせをしています。
b0147354_161883.jpg


祈祷開始です。これからの時期が大切な受験生の健闘、健康を祈ります。
b0147354_15515656.jpg


販売者など集まったみんなで玉串の奉納を行ないました。
b0147354_15531118.jpg


無事に祈願は終了しました。
b0147354_15535634.jpg


田鎖農園さんではモミの状態で保管しておき、必要に応じて玄米に脱穀します。
精米は毎日行ない、つきたての美味しいお米を食べてもらいたいという考えで精米しています。
b0147354_15562083.jpg


田鎖さんの想いと皆さんの祈願のこもった『うかる合格米』出荷開始です。
b0147354_1559934.jpg


限定300kg(150袋)ですが、当店のネットショップでも販売させていただくことになりました。
受験生への贈り物などございましたら、風邪の予防などに好評頂いております『温まるお酢』シリーズと合わせてご用命ください。

『大願成就うかる合格米』ご用命はこちら

祈願米は玄米の状態で保管されております。ご注文を受けてからの精米で本当に美味しいお米をお届けしたいそうです。毎日精米しておりますが、ご注文の時間帯や週末にかけてなど多少お時間を頂く場合がありますことをご了承くださいませ。尚、300kg(150袋)限定となりますので、売り切れ次第終了とさせていただきます。よろしくお願いいたします。

********************************
エゴマ醤油・ドレッシング、北国の果実酢・ジュレなど各種調味料なら
岩手盛岡より人に役立つ醸造調味料をお届けする『食楽日和』浅沼醤油店
********************************
[PR]

by asanumashoyu | 2009-12-07 16:01 | 生産者
2009年 09月 30日
取材日記
再来月の11日に仙台で開催される展示会に大東町の生産農家団体花菜油の会(はなあぶらのかい)さんと出ることになりました。
今日はその日に使うパンフレットの撮影と取材の日。
天気も良く楽しみです。
どのような思いで栽培されていますか?
b0147354_155816.jpg

取材のつもりがいつの間にか真剣に今年の作柄をみています。
b0147354_1601065.jpg

エゴマ畑の中で座談会
とても元気なおかあさん方。元気の秘訣はこうしてみんなと集まることだとか。
b0147354_1604817.jpg


b0147354_1625998.jpg

帰りはまれにみる雄大な夕焼けでした。
取材を通してまた生産農家の皆様とお話できる機会ができて楽しかったです。
この景観を守っていくためにもみんなで頑張っていかねば。




岩手盛岡より人に役立つ醸造調味料をお届けする浅沼醤油店
[PR]

by asanumashoyu | 2009-09-30 22:44 | 生産者
2009年 07月 08日
愛しのお豆
今年栽培をお願いしている生産者さんの一人、田鎖農園さんの大豆畑です。
b0147354_2355659.jpg

除草も手作業!農薬、化学肥料を使わずに栽培をお願いしております。
b0147354_23133380.jpg

田鎖さんとの出会いは約3年前、様々な情報交換からはじまり、この豆にたどり着きました。
約2年間北東北の栽培適正に合う豆の中からテストを重ねてこの豆にたどり着きました。
東北農業研究センター様、農業技術センター様、株式会社佐藤政行種苗様と情報交換しながらこの豆にたどり着きました。
目指すのは感動するような美味しいおしょうゆ!
自分達にできる範囲でベストのお醤油を造ることです。
量は造れませんが、悔いを残さぬようベストを尽くします。
工業技術センター様にも支援していただいて、シロメ大豆、青豆、黒豆、様々な大豆でテスト醸造、評価をしました。
その結果がこの子です。この豆が栽培されるに至ったわけです。
b0147354_23195458.jpg

ところどころ芽が出たばかりを鳥に食べられてしまっておりますが、たくましく育っているでしょう。
b0147354_2331796.jpg

お日様の日を浴びて、元気に育っておくれ。
虫達と仲良く、負けずに大きく育っておくれ。
b0147354_23331829.jpg

そしたら美味しいお醤油にしてあげるから・・・。
[PR]

by asanumashoyu | 2009-07-08 23:03 | 生産者
2009年 05月 20日
***木の芽***
今日は朝早くから小岩井の山林で山椒の若芽を摘んでいただいております。
小岩井の春は少し遅れてやって来るので、山菜も長く楽しめるのです。
お昼過ぎに引き取りに向かいました。
b0147354_2215821.jpg

途中の農家の牛も午後の食休み。
なんだかつられて眠くなるような気候です。
そうこうするうちに、まきば園の駐車場に着きました。
b0147354_2244857.jpg

これが今日の収穫です。
b0147354_2252179.jpg

新鮮な山椒が大袋で4袋!
今年はこれで12袋目です。
この時期に山に入って、山椒の若芽を摘んで山椒味噌を作ります。
田楽などに塗れば、一瞬で目が覚めます。


それにしても、風が気持ちよい日です。
b0147354_22101190.jpg

b0147354_22113957.jpg

おっと、
のんびりしていられない。
早く帰って山椒をすらなきゃ。

・・・帰りの車中は摘みたての山椒の香りで胸がスースーしました。
新鮮な山椒味噌は、小岩井農場まきば園の『どんぐりコロコロ』で販売予定です。
また、浅沼醤油店の直営店『食楽日和』でも季節限定で販売予定です。
お楽しみに!
[PR]

by asanumashoyu | 2009-05-20 21:12 | 生産者
2008年 07月 22日
大東町にて焙煎風景
b0147354_1222261.jpg本日、久しぶりに大東町を訪ねてみました。
油を搾っている工場に寄ってみると、この日は菜種を焙煎しておりました。
大東町では香ばしさを出すために石釜で菜種や荏胡麻を焙煎しております。
石釜は職人さんがレンガを積んで手作りしたもので風情があります。
燃料もエコに間伐材や端材を引き取ってきて使用しているそうです。
夏は釜が温まり易く、燃料は少なくて済むそうですが、暑くてとても大変。
これも風味がよく美味しい油を作るため。
頑張って下さいね。





b0147354_1225348.jpgb0147354_12245558.jpg
[PR]

by asanumashoyu | 2008-07-22 20:21 | 生産者