2011年 04月 02日
東日本大震災お見舞い記録

 先輩仲間に誘われて、沿岸被災地の恩人知人のお見舞いに出かけました。今さらとは思ったのですが、みそ、お米、下着、油、お酒など、みんなからのお見舞い品を積んで。

 物資の不足がある程度解消され、何を持っていったら力になれるかとは思っていたのですが、まずは顔を合わせお見舞いにいこうと。

 陸前高田のきのこのSATOさん、 復興に向けて力強く活動しておりました。先輩の佐藤さんは使わなくなったノートパソコン、プリンターを差し入れ。復興に向けての武器になることでしょう。

 気仙沼への移動。そこで必要とされているのもOA機器、設備機械や復興へ向けての情報。段階を踏んで、必要とされるものは変化しております。

 生活、雇用を作るために動きはじめた方も多くおります。復興に向けて前を向き始めた方には活動に必要な道具を。

物資の支援にも相手のニーズをつかむ感性が必要だと改めて感じました。

志津川(南三陸町)へ移動。昔から佐藤さんが利用し、お世話になっていた魚のみうら。変わり果てておりますが、再建に向けて活動をしておりました。

南三陸町さかなのみうら2

南三陸町さかなのみうら

http://sakananomiura.blog.fc2.com/

我々も落ち着いてはいられない。そう考えさせられる時間でした。


[PR]

by asanumashoyu | 2011-04-02 23:37 | 雑記


<< 田植え体験&菜の花巡りツアー      東日本大震災補給活動報告 >>