2011年 03月 23日
東日本大震災補給活動報告

 震災から12日が経過し、沿岸津波被災地の避難所を回っていても、日に日に不足物資は生き物のように変化しているのを感じます。味噌も避難所向けの業務用タルではなく、各家庭や個人レベルでの個包装が不足。ペーパーや電池だったり、そして何より被災地でもガソリンが足りない。

東北道の給油所も渋滞しています

 当初、真暗な夜の避難所、水も食料もない避難所からすると、生命維持に必要な最低限の物資の不足から、活動に必要な物資の不足に変わってきたことも意味すると思う。

人々の復興へ向けての活動が始まっています。外には瓦礫をかき分ける男たち。営業冷蔵庫の温度が上がる前に復旧させようと頑張る男たち。携帯電話会社やJRの復旧作業車。

被災地の復旧作業1



被災地の復旧作業2



被災地の復旧作業3



被災地の復旧作業4



被災地の復旧作業5


 
この地域の生活やかけがえのない財産を守るためみんな必死なのだ。

先日、自衛隊、消防隊のテントが整列して幕営されているのを見て、頭が下がった。学生時代は一カ月の規律あるテント生活にも耐えられたが、今の自分はどうだろう?お腹周りも気になる、甘えた生活をしていないか。

男には『男スイッチ』みたいなものがあるのだと思う。非常事態でも冷静になり、危険に立ち向かう勇気と判断力が下りてくる。女性は子供の命と安全を守るために必要とされ、男は女性や子供たち、コミュニティの未来を守るために必要とされているのではなかろうか。

被災地にはそんな『男スイッチ』が入り、リミッターが切れた男たちがいっぱいいて、余震が続く中、復旧作業に昼夜一生懸命だ。テレビの中でもコミュニティを守るためもっと命がけで活動にあたっている人たちが毎日映されている。

『男スイッチ』は連鎖するように思う。テント生活で昼夜復旧にあたる自衛官を見て、僕も頑張らなきゃと思ったように、『あいつが頑張っているなら俺も手伝おう』という気持ちがひしめいている。

先日宮古に行った従弟もお客様の工場の泥かきを手伝うため、泊まり込みで大船渡へ向かった。被災地のガソリン不足を伝えると先輩たちがスタンドに並び、夜を徹して運搬してくれた。ささやかなミッションがつながって復旧への大きなうねりになってきているのを感じる。また、そのような気持ちのつながりが単純にうれしいものだ。

学生時代、山登りをしていて、自然の力には敵わないと思わされてきたが、今回、改めてその凄まじさが目に焼きついた。

それと同時に、人が生きる力って本当にすごいと感じさせられた。

まるで社会全体が生き物で、大やけどをした患部に包帯を巻き、庇うようにして治療をし、その回復を待っているかのようだ。

良くも悪くも事実として時間は前にしか進まない。被災地では個々には傷が深すぎる人も、痛みを堪え前を向き始めた人もいる。たまたま被災地という患部に近い所にいた僕には感じれることも回復へ向けて果たせる役割も大きい筈だ。

社会が回復するまで、それぞれの立場で励ましあい、支えあえたらいいなと思う。

アメニモマケズ

帰りにサービスエリアで購入



日本赤十字社

http://www.jrc.or.jp/contribution/l3/Vcms3_00002069.html

YAHOOボランティア

http://bokin.yahoo.co.jp/donation/detail/1630001/index.html


[PR]

by asanumashoyu | 2011-03-23 23:34 | 雑記


<< 東日本大震災お見舞い記録      東日本大震災支援報告 >>